2006年10月29日

MNP最初の週末の騒動

DoCoMoの社長の先日の会見で「MNPは週末の様子を見てみないと状況はわからない」との内容の言葉がありましたが、ソフトバンクモバイルは予想外割の発表に引き続き、予想外の事をやってくれました。

ソフトバンクモバイル、番号継続の手続きシステム停止

 携帯電話の番号継続制度開始後初めての週末となる28日、ソフトバンクモバイルの変更手続きのシステムが停止し、他社への乗り換えと、他社からの乗り換えができなくなった。
 同社によると利用者の管理システムでトラブルが発生、午後5時45分に受け付けを停止した。番号継続制の手続きだけでなく、既存顧客の機種変更や料金変更など登録や料金に関するすべての手続きができなくなったという。「予想以上の申し込みがあり、システムが処理しきれなくなった。29日は通常通り受け付けする」(広報部)と説明している。


携帯電話の契約を再停止・ソフトバンクモバイル

 ソフトバンクモバイルは29日、全国の店頭で携帯電話の新規契約をいったん再開したが、顧客が殺到したため同日午後に契約業務を再度停止したと発表した。
 ソフトバンクモバイルは携帯電話会社を変更しても電話番号をそのまま引き継げる「番号継続制」が24日に始まったことや、同社の加入者間なら通話やメールのやりとりが無料になる新料金プランが人気を集め、週末の28日に顧客が殺到、店頭などでの契約を停止した。

記事中で引用の通り、ソフトバンクに人が集まったため、となっていますが、各社の言い分を聞いてみましょう。

DoCoMo
ソフトバンクモバイルとのMNP新規受付停止について

平素は、弊社のサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。昨日10月28日に引き続き、ソフトバンクモバイル社(以下、SBM社)から弊社へ移転されるお客様の増加に伴い、SBM社のシステム処理遅延障害が発生したため、弊社携帯電話へのMNP受付を停止しております。
また、弊社からSBM社へのMNP受付につきましても現在停止しております。
現在弊社からSBM社へ厳重な抗議を行い、システム回復に向けた早期対策と、抜本的な対応を求めています。
今後につきましては、SBM社のシステム回復を確認のうえ、受付を再開することといたします。
お客様に対しましては、再度ご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。

太字と下線は原文にあるものです。DoCoMo怒っています。先日の社長会見が効いているのでしょうか。
ここでは、ソフトバンクからDoCoMoへ移る人が多かったため、ソフトバンクのシステムがダウンしたとあります。

次にau。
auからのお知らせ
お知らせ
2006/10/29


平素は、弊社サービス・商品をご利用いただき。誠にありがとうございます。
昨日10月28日に引き続き、ソフトバンクモバイル社(以下、SBM)から弊社へ移転されるお客様の増加に伴い、SBM社のシステム処理遅延障害が発生したため、弊社携帯電話へのMNP受付を停止しております。
また、弊社からSBM社へのMNP受付につきましても現在停止しております。
現在弊社からSBM社へ厳重な抗議を行い、システム回復に向けた早期対策と抜本的な対応を求めています。
今後につきましては、SBM社のシステム回復を確認のうえ、受付を再開することといたします。
お客様に対しましては、再度ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

auも、ソフトバンクからauへ移る人が多かったため、ソフトバンクのシステムがダウンしたと主張しています。

さて、それでは当のソフトバンクモバイルの発表です。2度目にシステムダウンした10/29のものです。

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)への申し込み一時停止について

平素は、弊社のサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
昨日10月28日に引き続き、弊社における申し込みの増加に伴い、登録システム処理の遅延が発生したため、MNPに関する受付を停止しております。
現在、登録システムの復旧に向け、全力で取り組んでおります。システムが回復しましたら、他事業者さまと協議のうえ、受付を再開いたします。
お客様に対しましては、再度ご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。
その他の新規受付や契約変更業務など、MNP以外の業務は通常通り行っておりますので、何卒ご了承を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。
尚、ソフトバンクモバイルから他事業者さまへ転出をご希望のお客様、または10/28(土)の業務停止により転出手続きできなかったお客さまからのお問合せは以下までお願いいたします。
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問合せ窓口(受付時間 9:00〜20:00)
 ソフトバンク携帯電話から・・・*5533(無料)
 一般電話から・・・・・・・・・・・・・0800−100−5533(無料)

まあ、「申し込みが増加した」としか言っていませんので、出て行くほうか、入って来る方か、あるいは両方なのかは、はっきりしませんが、新規受付や契約変更業務ができているところで、とっても都合良くシステムがダウンしたものだとの印象を抱いてしまいます。
本当のところがどうだったかは、今後の加入者動向などで発表されると思いますが、関係者の皆様ご苦労様でした、で取り敢えず締めておきましょう。
posted by とのじ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 携帯・デジカメ

2006年10月27日

相変わらずのNTTグループ

昨日Softbankを批判したので公平を期して、とのつもりでは無いのですが、気になる記事があったので。


ドコモ中村社長,ソフトバンクモバイルのやり方に対し「怒りを覚える」

中間決算発表のついでにSoftbankの孫社長に苦言を呈しているとの記事で、言っている事も大体は頷ける事が多いのですが、気になったのは以下の部分。
 まず中村社長が「若干怒りを覚える」と批判したのが,孫社長が23日に語った「日本の携帯電話事業者は儲けすぎ」という発言に対して。「孫社長はNTT ドコモが1兆円,KDDIが5000億円の利益と語ったが,実際は今回の決算の見通しのとおりドコモは8000億円程度,KDDIは3000億円ちょっとだ。数字を強調しようという考えだろうが,あまりにいい加減じゃないか」と語った。

1兆円と8000億円では2000億円も違うではないか、と言いたいのでしょうが、第三者から見ると「どちらにしても儲け過ぎなんでない?」と言いたくなってしまう点で大した違いは無いだろう、と思います。
光ファイバー回線などのブロードバンド料金が間違いなく世界一安いのに対し、携帯が「世界一高い」とまでは言わないまでも、高止まりしている状況に対して、もう少しきちんと説明してほしいものだと一ユーザーとして感じています。
えぇ、光のブロードバンドの料金(プロバイダー込み)よりも携帯の方が高いとは一体どうしてなのでしょう?、と問いたい人は多いのではないでしょうか。
その辺りの本質的疑問を無視して、「数字が違う」と怒っているところは、多分にお役所的なNTTのイメージそのままとの印象を抱いてしまいます。

で、世界一安いブロードバンド料金でがんばっているNTT地域会社ですが、先日のひかり電話の障害に関して、NTT西日本の社長が以下のような発言をしています。

NTT西日本がひかり電話障害で謝罪会見,「人知を超える範囲」と森下社長

NTT西日本は設計の見通しの甘さを認める一方で,「これだけ大規模のIP電話網をIPv6で設計・運用するのは最先端の取り組み。何が起こるか分からない」(森下社長)と強調。今回の障害発生の責任は,設計・運用などの見直しによって取っていくとした。

どんなサービスでも障害が発生することはありますから、それ自体を非難しようとは思いません。もちろん、きちんと被害を蒙ったユーザーに対する謝罪と今後の対策が聞くことができればです。
ところが、障害の謝罪の場で「最先端だから勘弁して」は余りにも無責任すぎる発言ではないかと感じます。ひかり電話はユーザーから料金を取って提供している商用サービスです。そうである以上、万が一障害が出た場合には、それ相応の責任を取るべきではないでしょうか。
「最先端だから何が起こるか分からない」ならば、商用サービスなんかにはしないで、トライアルのサービスとして提供していく中で不具合を潰していくのが本筋でしょう。
これも何ともお役所的な対応で、いかにもNTT的だと思ったのでした。
posted by とのじ at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(3) | 携帯・デジカメ

2006年10月26日

相変わらずのソフトバンク

MNP(Mobile Number Portability)が先日より始まりましたが、5月に「ナンバーポータビリティと多機能携帯」で「今時、電話番号が変わらないだけじゃ大して意味なし」との趣旨の事を書きましたが、どうやら多くのユーザーもそんな感じで様子見の人がほとんどのようです。
更にYahoo!ブランドの胡散臭さについても書きましたが、それについては当事者も自覚していたのか、携帯ではSoftbankを前面に出してきました。
ただ、ブランド名だけ変えても体質は以前のままのようです。

ソフトバンク新料金プランは本当におトク? 3キャリアの料金を徹底検証!【前編】
ソフトバンク新料金プランは本当におトク? 3キャリアの料金を徹底検証!【後編】

SoftbankがMNP開始前日に掲げた「予想外割」ですが、無料通話はSoftbank端末間と言う極めて限られた範囲で、しかも夜間の最もトラフィックの集中する時間帯は200分/月の制限付です。しかも、他社端末に対しての通話は割高となります。
更に、オレンジプラン、ブループランと他社追随サービスを他社よりも\210-安く出していますが、これもまた、上記参考コラムによるとほとんど違いは無くなるとの事です。
Yahoo!BBの時は、ADSLに皆新規参入の時期でしたから「安かろう、悪かろう」と「一見安く見えても実質高い」、「サポート最悪」でもユーザーがつきましたが、今回はキャリア3番手のボーダフォンを引き継ぎ成熟市場に参入、しかも、Yahoo!BB時代の悪行の記憶がユーザーの間に根強く残っている中での参入です。
加えて言えば、上記コラムでも指摘していますが、「予想外割」と同様のプランを他社が発表した場合には、Softbankはどうするつもりでしょう。
同社間端末で通話無料、との設定は、シェアの大きなキャリアであるほど有利に働きます。2006年9月の段階で携帯電話のみのシェアではDocomo 56%, KDDI 28%, Softbank 16%です。要は、相手がどのキャリアか気にせずに電話した場合、Docomoならば56%の確率で無料通話が期待できます。同様にKDDIならば28%, Softbankの場合は16%の確率でしか無料通話が期待できなくなります。
つまり、「予想外割」はシェアの大きなキャリアのユーザーであるほど恩恵が大きくなるサービスなのです。これはSoftbankが多少他社よりも値下げしたところで追いつけることではありません。もし、これを他社が取り入れた場合、シェアの小さいキャリア、具体的にはSoftbankからユーザーが流出するきっかけとなる事は間違いないでしょう。
「予想外割」は実質と見かけの乖離によるSoftbankへの悪印象の定着以上に、他キャリア(特にDocomo)が同種サービスを導入した場合、Softbankに致命的な一撃を与えるブーメランにもなりかねないのです。
posted by とのじ at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯・デジカメ

2005年07月11日

生もの化したデジタル家電

先日、Pentax Optio550を税込¥20,300-(+郵送料)とあったので、衝動買いしてしまいました。
希望小売価格が\99,000-のもので、2003年春の発売当時はPentaxコンパクトデジカメとしては、最高機種だったのでしょう。当然、これでは原価を割っているものと思われます。今となっては、500万画素、光学5倍ズームのスペックは微妙なものですが、スナップには充分以上なものです。現在では、800万画素以上のコンパクト機もありますが、500万画素との比は1:1.6。かつて、130画素のデジカメから200万画素のデジカメに変えたとき程の比(1:1.53)程度ですが、果たしてその時ほどの驚きが両者の間にあるか疑問です。A4程度ではほとんど差が判らないのではないでしょうか。
既にスナップ用としては、十分な画素数を持つにいたったデジカメですが、それでも、新商品は次々と発売され、旧製品はあっという間に値崩れしていきます。
この様に、デジカメは既に賞味期限が決まった生鮮食料品と同じ扱いになっています。賞味期限は、新製品の間だけ。次の新製品の時期に近づくと値段がさげられ、新製品が出ると、投売りされる。デジカメに限らず、デジタル家電と呼ばれる新ジャンルの製品は、このサイクルから逃れられていないように感じます。例外は、かつてのテレビの感覚を引きずっている薄型テレビくらいなものでしょうか。
それにしても、儲け頭と期待されていたデジタル家電も、もう生もの化です。
カメラメーカーや家電メーカーは「働けど働けど わが暮らし楽にならざり じっと手を見る」の石川啄木の気分ではないでしょうか?
posted by とのじ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯・デジカメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。