2005年07月26日

台風と災害とテロと

どうやら、台風は関東直撃の模様です。
先日地震で、今度は台風です。
さすがに、これだけ自然災害が多いと、日本人は災害慣れしてしまうのでしょう。
と、先日ロンドンで起きたテロと地下鉄サリン事件の時の事を比べてしまうのでした。
あの時は、営団地下鉄(現東京メトロ)は当日はさすがに運休しましたが、日比谷線以外は翌日には動いていました。日比谷線も翌々日には運転再開。霞ヶ関駅などの4駅が数日閉鎖されただけでした。
さすがに、災害慣れした日本人、と言えばいいのでしょうか。テロにも屈せず、普通の人たちが普通に通勤していく光景に、逆に、日本はまだ大丈夫、と私は思ったものでした。

この事件が起きた頃は、日本の国際貢献は金だけで人は出していない、と非難されましたが、サリン事件直後も地下鉄を運行し、それに乗って会社に行く普通の人たちの手によって作り出された富なのだから(ちょっと極端に言えば、命を削って)、金しか出さないと非難されるのは、筋違いと感じていました。
もっとも、当時は政治が最悪の時期でしたから、何の反論もできなかったのでしょう。

それから日本も随分変わりました。自衛隊のイラク派遣も実現し、仮想敵国の姿もはっきりしてきました。
自衛隊は戦わないことが一番の貢献だ、と言われますが、そのためにも抑止力としての戦力を増強しなければならないのは、なんとも皮肉に感じます。戦力は相対的なものである以上は、相手が増強したら、こちらも増強しなければならないのは、判っているのですが。
posted by とのじ at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6407773
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。