2005年06月29日

いい音で音楽が鳴ると

幸せ、なんでしょう。
「最初からこの音で聴けていれば、オーディオの泥沼にはまる事は無かったのに」と、思ったりして聴いています。
もちろん、泥沼を進んで来たからこそ、こうした音で鳴らせているのでしょう、とは承知しています。
だから、複雑な思いが一方であるのです。
その複雑な思いは、良く鳴っているシステムがサブシステムだったりしたら、一層深くなります。
ちなみに、今の私のメインシステムは取っ散らかった音になっています。ちょっとセッティングやら何やらを根本から見直す必要があるかもしれません。
逆にそうした状況だから、サブシステムでもきちんと聴ける装置があることには救われもします。
不幸なことに今はボーナス直後。多少は何かやる余裕がある時期です。
はたして、どうなる事でしょう。
ある程度落ち着いたら、ここに書くかもしれません。

最後に一言だけ。
「低音を決めるのはやっぱり床」
でも、私は低音はほどほどまでしか追及しませんが。
posted by とのじ at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6407755
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。