2005年06月24日

レトロの変遷

「レトロ」な時代は、やはり時代の変遷と共に移り変わります。
1980年代には60年代のものがレトロでした。
1990年代には70年代のものがレトロでした。
2000年代になって、80年代のものがレトロになるかと思ったのですが、やはりあのバブルな時代とレトロと言う感覚とは相性が悪いらしく、最近では「昭和」のものがレトロとなっています。
そうした中で、1980年代のレトロ感覚と称する商品がでました。
これです。
初期ウォークマン風デザインのヘッドフォンを「レトロ風」としてオーディオテクニカが発表したのです。
若い人にとっては、やはり新鮮に映るのでしょうか?
それにしても、レトロとして扱われる「昭和」はほとんどが昭和30年代のものです。昭和は64年もあったのですが、この辺り、戦後復興して普通に食べられるようになったけれどまだ電化製品は余りなかった時代、が、なんとなく懐かしい時代、の感覚に合うのでしょう。
posted by とのじ at 01:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき
この記事へのコメント
確かにコレは懐かしい……。
これ売れちゃったらソニーが悔しがるだろうなぁ…。
つうより、なぜテクニカから出るんすかね?(笑)
Posted by FZIRO at 2005年06月24日 09:41
なぜ? と言われたら、テクニカが作りたかったから、となるのでしょうか。
ちょっと懐かしいから、で買える値段設定が絶妙な感じです。
これが売れたら、ソニーは初期型ウォークマン風デジタルオーディオプレイヤーでも出すのでしょうかねぇ。HDDを着脱型にして。
Posted by とのじ at 2005年06月24日 12:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6407751
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。