2005年06月03日

二重露出な録音

別に最近に始まったことでもないのでしょうが、最近良く耳にするので。
音場録音としてアンビエンス・マイクでホール・トーンを主に収録し、各楽器はマルチ・マイクで鮮明に録音する。そして、それをミキシングする。
その結果、アンビエンス・マイクで録音された音像とマルチ・マイクで収録された各楽器の音像が重なり合い、まるで二重露出のような音像が出現します。
具体的には、マルチ・マイクの音像がぼんやりと大きくせり出し、その後ろに等身大のはっきりした音像が現われます。オーケストラの録音ではそんなものを最近、良く耳にします。
気にしだすと音楽に集中できないので、なるべく気にしないようにしていますが、中には2つの音像の位置がずれ、まるで2つの楽器がユニゾンで旋律を奏でているかのように聴こえるものもあって、気にしたくはないのですが、思わず笑ってしまいます。
良くわかる例として、小澤征爾が振ったストラヴィンスキー「エディプス王」のCDが挙げられます。ここでは、ジェシー・ノーマンのアリア(と言っていいのだろうか?)で、ノーマンがまるで二人いるように聴こえます。

わかりませんか? 
なら、その方が幸せに音楽が聴けます。こんな事がわかっても、一つもいいことはありませんから。
posted by とのじ at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6407733
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。