2005年05月18日

小型スピーカー雑感 - 3

前回から随分時間が経ってしまいました。
今回は、ツィーターに関するちょっとした経験談です。
登場するツィーターはScan-Speak D2905/9700Vifa XT25TG30-04です。型番にリンクを張っていますので、それぞれを見比べながらどうぞ。
D2905/9700(以下9700)は高級スピーカーで使われていることがあります。XT25TG30-04(以下XT25)は最近色々なスピーカーで使用されているので特徴的な角と共に見覚えのある方も多いと思います。
まず、両者のFrequency Respenceをご覧ください。両者とも2kHz以下では大変よく似ていることが判ると思います。
次に、Paramatersをご覧ください。特にFree Air Resonance(fs)と、Recommended Frequency Rangeにご注目ください。9700は500Hzと2-30kHz、XT25は530Hzと1.5kHz-40kHzとなっている事が判ります。そして、voice coil diameterは9700が28mm、XT25が26mmです。
ところで、これを実際に使用してみたらどうでしょう。スペック上ではXT25の方が下から使えることになっています。
実際には、9700は確かに2kHzからきちんと使えました。しかし、XT25は違いました。2kHzのクロスでも、飛んだりすることはありません。しかし、音が駄目です。汚いのです。低音に振られてか、濁った高音しか聞こえてきません。仕方なく、3kHzにクロスを上げました。やっと普通に聞ける音になりました。しかし、特に優れたものと言うわけでもありません。そして、4kHzにしたところ、やっと、綺麗で本格的な音が聞こえてきました。ちなみに、「本格的」とは「本物とは似て非なるもの」の婉曲表現です。
この差はどこから出てくるのでしょうか。もちろん、掛けられているコストが全く違います。米国の某通販サイトで比較してみると、9700はXT25に比べて実に3倍以上も高価なユニットなのです。しかし、その他にも、振動板の実効面積の差、が大きいのではと私は推測しています。9700は28mmのドームが、そのまま振動板になっていますが、XT25はボイスコイル径こそ26mmですが、リング状であり、中央に大きな角があるので、実効面積は実質的には20mm程度にしかなりません。当然、振動板面積が小さいほうが同じ音圧を稼ぐために、より大きな振幅を必要とします。この事により、カタログデータ以上にXT25が低域入力に弱いツィーターになっているのではないか、と推測しているのです。
これが、正しいかどうかは判りませんし、メーカーの方々は、3kHz以下で使っても問題なし、としているから、製品に使用しているのでしょう。唯、ひとつ指摘しておかなくてはならないことは、英米メーカーのスピーカーは、中低域に比べてツィーターにチープなユニットを使っていることが多い、と言う事実です。
さて、私のささやかな経験談はここまでです。次回は、ウーファーについて、少しばかり書いていきたいと思います。それでは、期待せずにお待ちください。
posted by とのじ at 21:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
いくつかの書き込みを拝見させていただき、確かにそのとおりだと、とても感心させられました。

高級オーディオの問題点として、あまりにも根拠のない、宗教のような販売手法が多すぎるのではないかと思います。

当方、仕事で電子工学を専門とするオーディオマニアですが、素人がわからないところには、あまりにも嘘(かなりグレーではあるが プロが見たら何これというもの)が多く、いくらなんでもひどいだろうという場合が多くみれれます。それにだまされる素人も悪いのかもしれませんが、買うほうの立場に立った、電子工学の専門家の存在が不可欠かもしれません。
Posted by 狸の家出 at 2016年02月08日 09:03
上記の書き込みで、いくつか訂正させてください。

嘘と書きましたが、嘘ではやや誤った方向と訂正させてください。高級オーディオの多くに問題あるというわけではなく、一部に、疑わしいものがあるので、惑わされないでくださいといいたかったのです。失礼しました。
Posted by 狸の家出 at 2016年02月08日 09:46
嘘と書きましたが、嘘ではなくやや誤った方向と訂正させてください。
Posted by 狸の家出 at 2016年02月08日 09:48
お褒め頂きありがとうございます。
この記事書いたのも10年前なので、個人的には懐かしくなりました。
引っ越し先ではPCオーディオを主に扱っていますので、専門家の眼から見たコメントなど頂けたら幸いです。
Posted by とのじ at 2016年06月29日 03:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。