2005年05月02日

小型スピーカー雑感-1

私の偏愛する小型スピーカーと言うものは、言うまでも無く、妥協の産物です。
可聴帯域のすべてをたった二つのユニットで再生することは不可能です。もちろん、何事にも例外はあります。Raven R3、Manger unit,、DDD unit。これら3種類のユニットは2ウェイでも、音楽の十全な再生が可能です。しかし、これらは極めて例外的な存在です。また、これらにしろ最低域まで質と量を両立させるシステムとなると、どうしても大型なものになってしまいます。
小型スピーカーに低域の制限がある事はもちろんですが、それでも個人的には音楽を楽しむには必要な低音は出ていると思うのですが、それ以上に問題なのが、ウーファーとツィーターのクロス付近での挙動なのです。
と、これからと言うところで引いておいて、後は次回に。
posted by とのじ at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6407709
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。