2007年07月14日

コピワン見直し問題決着?

6月28日のエントリーで「決まるわけがない」と書いたコピー回数論議ですが、n=9回で決まったようです。

家族3人が3台の機器にコピーする――地デジのコピー・ワンス見直し問題は「n=9回」で決着
 村井氏によると,n=9の根拠は3×3。録画したコンテンツに対し,一人あたり機器3台までコピーを許し,それを家族3人が行うという考えで計算した。コピー数3という数字自体はもともと,権利者サイドの委員である実演家著作権隣接センターの椎名和夫氏などから出ていた意見である。村井氏の提案はこれに「日本の平均的な家族の構成人数」(村井氏)である3人を組み合わせた形になる。家族3人,機器3台というのは考え方の話であり,1種類の機器に対し,9 回コピーを行ってももちろん問題ない。

との事で無理やり理屈をつけた感は否めませんが、一応の合意に達したことは素直に評価するべきでしょう。
後は正式に提言としてまとめられる事を願うだけです。

ただ、その後に、具体的な実装形態が大きな問題となります。個人的には、HDDからBDにムーブした場合(HDDは消去)には、BDが親となって残りのダビングが可能、とかとなって欲しいのですが。
また、これまで売ってきたコピワン対応機はどうやって対応するのか、さすがに数百万台レベルとなると、対応できませんではすまないだろう、等と解決すべき課題が山のようにありそうです。
posted by とのじ at 01:54 | Comment(1) | TrackBack(1) | オーディオ
この記事へのコメント
孫コピーはできないとの話ですので、BDを親にはできないですね。
またメーカー側は商機ですから、現行機は対応せず「10回コピー対応機です!」とマイナーチェンジの新機種を発売するでしょう。
Posted by オリオン at 2007年07月14日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/47711570

コピーワンス見直し、それで終わり?
Excerpt: かねてより次世代DVDの普及を阻害してきたと言われる「コピーワンス」について、現行の1回から10回に増やすことが大筋で決まったそうです。 「コピーワンス」見直しは「コピー9回」へ (7/12 AV ..
Weblog: オリオン村
Tracked: 2007-07-14 23:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。