2012年04月21日

ベートーヴェンの交響曲を一口で

1番はハイドン風、2番は中途半端、3番は3&4楽章が幼稚、4番は女々しい、5番はレゴブロック、6番は風景描写、7番は同じリズム、8番は小品、9番は彼岸の彼方に行っている、あるいはお祭り騒ぎ。結論、一度は聴いてみるべし。
posted by とのじ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/265961923
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。