2009年05月03日

B&W SS25の思い出−その3

さて、SS25も様々なアンプと繋げられました。
主なところでは、NEC A10X(BTL)、Pass Lab Aleph0s(BTL)、SDサウンドA-302の3種類です。当たり前ですが、それぞれに音は異なりました。
SS25はそれほど鳴らし辛いスピーカーではないと思われていますし、それは一応事実です。
ただし、駆動力のあるアンプで鳴らしたときには、ヴェールを脱いだように情報量が増え、生き生きと鳴り始めます。
こうして、私は駆動力にこだわったアンプを主に使ってきました。
徐々にバージョンアップする形になっているのは、その時々の事情によっているからです。
最近では、SDサウンドの6C33パラプッシュOTLのモノラルアンプA-302で鳴らしています。Aleph0s(BTL)と比較して、空気感豊かで繊細にSS25を鳴らしてくれるので、しばらくはこのアンプを使う事になりそうです。
posted by とのじ at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/118336968
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。