2009年04月29日

B&W SS25の思い出−その1

B&W SS25(Silver Signature)を買って10年以上経とうとしています。時には、AV用に鳴らされていたこともありましたが、ほぼ半分の期間はメインを張ってきました。
その間に住居は4回移り変わりました。いろいろな環境でSS25は鳴っていたのです。少しばかり思い出話をしてみましょう。オーディオ雑誌的には超長期インプレッションってことになるでしょうか。

買うかどうかを決めるため、店で試聴した時には、何で鳴らしましたっけ。当時のハイエンド装置で鳴らしていたことを覚えています。その時に、小型スピーカーとは思えない音楽のスケールの大きさと多彩な音色に魅了されたことを覚えています。
さて、それで買ったはいいのですが、最初の頃しばらくはウーファーが余り動いてくれなくてまいりました。お陰で、高域に寄ったバランスとなり、音楽を鳴らすのに苦労しました。これを少しでも緩和させようと、スタンドとスピーカーの間に薄いゴムを敷いて、鳴きを抑えたりしました。苦労のかいあってか、それともやっと動いてくれるようになったのか、1年ほどでバランスも改善されてきました。小型スピーカーとは言え、高級機はきちんと鳴ってくれるようになるまで手間暇がかかるものだと、これで学びました。

あと、続きます。今日はここまで。
posted by とのじ at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/118254561
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。