2005年12月19日

今年気になった事-オーディオその二: iPod nano

あの小ささとフラッシュメモリで4GBの容量に惚れて買おうとしたのですが、実はまだ買っていません。
iPodはあの小ささばかりが注目されていますが、ピュア・オーディオ的に見ても実に大きな意味が隠されています。
遂に、デジタルデータをそこそこのコストで固体メモリに収めることが可能になった、と言う事です。
オーディオ・マニアにとっては常識であり、普通の人には理解しがたいことなのでしょうが、CDトランスポートで音が変わるのです。それも微差ではなく、かなり大きく。そのため、様々なCDトランスポートが開発されてきました。そして、それらはどれもが音が違うのです。
これは、回転系とサーボがある以上仕方が無いと思われてきましたが、固体メモリにはそのような可動部分はなく、正確にデジタル・データを取り出すことが可能です。これはピァア・オーディオにとって大きな意味を持つことではないかと思います。
つまり、CDデータを一旦固体メモリに格納しそれを出力するようなトランスポート、当然クロックなどはオーディオ用に吟味されたものが必要ですが、によりこれまでのCDトランスポートでは得られなかった音が得られる可能性があるのではないか、と思われるのです。
こうした可能性が、iPod nanoから考えられるのです。

posted by とのじ at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10822280
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。