2008年07月04日

アップデート不具合

ダビング10に備えて、各社HDD内蔵BD(あるいはDVD)レコーダーのアップデートが始まりましたが、いちばん早くから始めたパナソニックがバグを出してしまいしまた。
この不具合が発生すると、HDDのフォーマットを行うしかないと言うとんでもないバグで、パナソニックでは、「修正ファームができるまでは絶対にフォーマットを行うかとの表示で"はい"を選択しないでください」、との事。ちなみに、いいえは選択できないのだそうです。
リアルに「これから私の言うことにハイかイエスでお返事ください」状態は嫌過ぎます。

私の使っているSONYのBDレコは7/4からアップデートが行われるそうですが、さて不具合なく行われるでしょうか。あるいは様子がはっきりするまでは、自動アップデートを切っておこうかと思っています。

と言うのも、SCEは7/2に行ったPS3のバージョンアップで、これまたバグを出して、一時アップデートデータの配布を中止しているからです。これも深刻なバグでして、不具合が発生するとXMBと言う操作画面がでなくなるというものです。

デジタル家電、特にゲームやレコーダーはソフトウェアの規模が大きいため、バグがあるのはある程度仕方ないと思っています。とは言え、この様に思う人はごく一部であり、大多数の人はそうは思ってくれない事も、メーカーは頭に叩き込んでおいた方が良いでしょう。

PC文化から発祥した「バグがあって当たり前」との文化は一日も早くなくなって欲しいものだとは思っていますが、無理でしょうねぇ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


まじめにやれ!松下のダビング10トラブル
Excerpt: 2008年7月5日(土) 7月4日に始まったダビング10だが、早速トラブルが出た...
Weblog: 札幌生活
Tracked: 2008-07-05 13:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。