2008年06月30日

オーディオと芸術

まだ生煮えの考えなので、メモ程度に。

−オーディオと芸術
音楽を素晴らしい芸術として、敬意を持って伝えるという意味において、それを再生するオーディオもあまり商業主義に走るべきではない、との考えには一部共鳴するところもあります。
ここでは、芸術とは「高尚な(いわゆる)芸術」を指しています。
芸術とは何か、私には良く判りませんが、「自己目的化された創作物」と一言で簡単に定義した場合でも、それを「安く享受したい」とはかなり矛盾した考えでは無いかと思うのです。
ただし、例外は常にあります。「商業主義的な芸術」があればそのような事も可能です。
そして、「商業主義的な芸術」とは往々にして、「大衆芸術」と呼ばれてきました。
低コストと利便性を是とした現在の量産メーカーの製品を購入し、そしてそれを使用する普通の人々が楽しむものは「大衆芸術」となった音楽である場合がほとんどです。
そのような立場の人と「芸術鑑賞のためのオーディオ」について議論しようしても、議論は成立しないでしょう。お互いに想定するところの芸術の意味が異なるからです。

それであるからこそ、そのような製品に満足できない人たちのためにHi-End Audioが存在するのです。もっとも、Hi-End Audioのメーカーにも「芸術としての音楽」ときちんと対峙しているのか疑問のところもあるようですが。
まあ、それは「(商業主義に走る)高尚な芸術みたいなもの」が存在するのと同じようなものなのです。

ここでは、「高尚な芸術」と「大衆芸術」を商業主義=多数に受けいられる判り易さ、の観点から全く別のものと捉えていますが、芸術と鑑賞者の関係はとても微妙なものです。
これに触れるとあまりに長くなるのでちょっとした疑問と事実だけ挙げて終わりにします。

−鑑賞者のいない芸術にどんな意味があるのか?

現代音楽は1960年代まで進歩主義を信じ、前衛的であるほど価値があるとしてきましたが、ある時、聴衆が去ってしまった事に気付きました。さて、聴衆のいない音楽にどのような意味があるのでしょうか。それは単なる作曲家の自己満足に過ぎないのではないでしょうか。
その後、現代音楽は前衛主義を捨て、何でもありの音楽となりました。その結果は聴衆が帰ってきたとは言い切れませんが、進歩主義に凝り固まっていた時よりも面白い作品が出てくるようになったのも事実です。

多数に受け入れられないとしても、少数にすら忌避されるものに果たして意味があったのでしょうか?
posted by とのじ at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2008年06月29日

最近のSL700

アクセス解析を見ると、Celestion SL700関連でここにたどり着く人がほぼ毎日何人かいるので、たまにはSL700の事を書いてみます。

と言っても何を書こうか、悩んでしまいます。
「SL700は良いスピーカーです」で個人的にはお終いなんですが、どう良いかをなんとか言葉にしていきましょうか。ちなみに、アンプはSpectralのDMC12+DMA80で鳴らしています。

SL700は中庸である、と言いきってしまうと、アルミドームが時々金物臭い音で鳴るとか、とかくウーファーの制御が難しいよなぁ、とか、「それは違うでしょう」と思い浮かぶ点もあったりするのですが、それでも、やはり「中庸の音」と言えるかと思います。あまり、強調されたり凹んだりするところのない音なのです。
ボーカル帯域を中心として、高域はきっちりと、低域も丈夫な箱の密閉方式のお陰か、かなり低い帯域の基音までだら下がりながら聞き取れます。かなりタイトで"堅い"ドラムなどを聞くことができるのです。このように、サイズからはなかなか想像できないかなりのワイドレンジな音です。
音色もまた、あまり脚色なくありのままで鳴らしてくれる感じてす。ですので、ある種色付されたオーディオで感じるときのオーディオ的な快感のようなものはありませんが、割合どんな音楽でもきちんと鳴らしてくれるのです。
そして、サウンドステージに関しては、改めて申すまでもなく、広大です。

と、私はSL700をこんな風に感じながら聞いています。
「良い音のするスピーカー」と言うよりも、「良い音楽を聴くための良い道具」と言った方が、SL700にはぴったり来ると思うのです。


posted by とのじ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2008年06月28日

自作は高い−当たり前の事実

私はスピーカーの自作を少しばかり嗜みますが、自作は高くつきます。
誤解として、自作は安くつくという人がよくいますが、それは、
「他人の設計のデッドコピーを作る場合のみ」
に限ります。
長岡派がよく言う自作はほとんどの場合、長岡鉄男氏設計のデッドコピーです。他人のノウハウをほとんど無料(雑誌代くらい?)で頂いておいて、安いも何もあったものではありません。
自作が高くつく原因は、試行錯誤の繰り返しとノウハウの蓄積にこそあるのですから。

と、こんな当たり前の事を書いたのは、まだ勘違いしている人が多いので念のために。

ちなみに、ユニットだけならメーカー製の1/10も掛からずに揃えることが可能ですが、メーカー製並の完成度と仕上げのために残り9/10以上が費やされます。メーカー製以上の完成度を目指すならば、それ以上のコスト(人件費含む)が掛かります。
よって、スピーカーの自作とはそれが好きな人の趣味でなければやっていけないのです。

ちなみに、自作の楽しみはメーカー製では使っていないような、エキゾチックなユニットや高価なユニットを使える点にあったりもしますので、上記メーカー製との比較は意味が無いかもしれません。

posted by とのじ at 00:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | オーディオ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。