2007年10月23日

オーディオの中のデジタル、カルトに関する短い随想

−デジタルオーディオ: HDMIを一例として

HDMIは、従来のSP/DIFよりもはるかに高速のデータ伝送を行っています。その分、ケーブルやコネクタ接合部でのインピーダンス不整合の影響をより強く受けるものと推測されます。
HDMIでは、4ペアの平衡ケーブルが使用されています。その内、3ペアはデータ用、1ペアはクロック用に使用されています。全て差動伝送で伝送されます。
クロックがデータから独立している点と差動伝送が使用されている点、でSP/DIFよりも素性の良い伝送方式と言えるのですが、如何せん最大クロック340MHz, 最大伝送データ10.2Gbpsと、SP/DKIFの2桁ばかり上のデータと周波数を扱うので、その苦労は並大抵ではありません。
まず考えられるのが高周波ノイズ対策です。これについては端緒に付いたばかりで、今でもHDMI用のノイズ対策デバイスが発表されている状況ですから、これの音への悪影響が無視できるレベルまで減少するにはまだかなりの期間が必要と考えられます。
また、ver1.2までとver1.3では、ケーブルに要求される規格もまた異なっています。
更に、340MHzまでのクロックをピュア・オーディオを満足させるような高精度で出力する事に関してはこれからの課題でしょう。

では、HDMIでオーディオ信号を送る利点とは何でしょうか?
SP/DIFで送る事の出来たデジタル信号は、サンプリング周波数96kHzまでLPCMと、AAC,Dolby digital等の圧縮された多チャンネル信号しかありません。BD等の発売により、リニアPCM5chやTrue Dolbyなど、より高速のデータ伝送と著作権保護を考慮した規格が必要となりました。将来を考えると、SP/DIFには不足しているものが多いのです。
また、現状のままで良い場合には、ほとんどの機器ではSP/DIFをHDMIと共に付けていますので影響ありません。(PS3ですら、光ながらSP/DIF出力はあります)

HDMIは、差動伝送を行っていますので、隣接ケーブルからのノイズの飛込み等の影響は極力抑えられています。
ケーブルに関しては、最大10.2Gbpsのデータを扱うので太くすれば良いというものでもありません。
それ以上に、こうした高速データを扱う以上、ケーブルの作りやコネクタとの接続処理が雑な場合には、インピーダンス不整合による信号劣化が起きると考えられますので、こちらの方がより問題となるでしょう。
データは一応簡単なエラー訂正を行っているようですが、クロックに関しては、こうしたケーブルの不備によりジッターなどが発生する可能性はあります。

ただし、HDMIは元来、映像デジタル信号伝送用に規格が作られたものです。
HDMIは、その目的に対しては、素晴らしいとは思いませんが、それなりによく出来た規格であると思います。
余った帯域に音声デジタル信号を載せて利便性を向上させるとの考え方も理解できます。
しかし、オーディオ専用として作られた規格ではありません。音声データ伝送には様々な妥協があるのも当然でしょう。
決して、オーディオの素晴らしい未来のために作られた規格ではありません。
そして、現在のようにオーディオのパイが小さくなっている現状では、SP/DIFの欠点を見直した新たな伝送規格を立ち上げるのは容易ではないでしょう。
理想的には、全社横断的な団体を作って規格を制定する必要があると思われますが、現在のオーディオ業界でそのような事が可能なのか、ちょっと疑問を抱きます。

ちなみに、HDMIのSpecification Documentはネット上で公開されて、誰でもDLできるようになっています。
それをきちんと理解してから、HDMIの欠点なりを批判するならば、耳を傾けてもらえるでしょう。

−オーディオの中のカルト

コンデンサー一つで音が変わる事、測定に出ない対策で音が変わることは経験していますので、理解できます。

しかし、何かを発言する前に「判っている事」と「判っていない事」と「知らない事」の区別はきちんとつけるのが宜しいのではないでしょうか。
中途半端に技術を理解している(と思っている)方は、「判っていない事」と「自分の知らない事」の区別が往々にしてついていません。
理屈に合わない(と思う)=未知の事実、ではなく、理屈に合わない(と思う)=単なる無知、である場合もある事(それがほとんどでしょう)を忘れないようにしなくてはいけません。
知らない事は恥ずかしい事ではありませんが、自分は全てを知っていると勘違いしたまま「従来の理論の不備を指摘」している人をみると、痛い人だなぁと思う事があります。

デジタル機器とは言え、最終的な出力は「音」ですので、全体的な系の中で判断しなくてはなりません。
トランスポーターが動作しているときには、デジタルデータだけを出力しているわけではありません。
正常に動作している場合でも、データ読み取りのための制御回路や読み取ったデータの信号処理回路からのノイズ、ピックアップのサーボ系を代表とする機械的制御のための消費電力変動など、さまざまな悪影響を外部に撒き散らしています。
こうした悪影響を排除するために、トランスポートをシールドで囲ったり、デジタル系とアナログ系の電源を別にしたりと対策はしていますが、所詮は一筐体の中では根絶する事は不可能でしょう。
posted by とのじ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2007年10月22日

米国盤アニメBDはどうなるか?

アニメ「うたわれるもの」が'08年1月Blu-ray BOX化
−「HDマスターのTVアニメとして初」。特典もHD収録


2クールもので\52,500-、Amazonでは、26%引きの\38,850-で予約を受け付けています。
アニメにしては良心的な値段と言えるでしょう。
で、気になったのは以下のところ
本編には海外向けのDVD用に制作された、英語音声/字幕も収めている。

BDでは、日米ともリージョン1と同じリージョンになりましたので、どちらの国のディスクでも同じ装置で再生することが可能になります。
DVDではリージョンが違ったせいか、米国盤アニメの価格は他の映画等に合わせたもので、日本盤の数分の一でした。そんな状態でしたので、わざわざ米国盤が再生できるDVDPを用意して米国盤アニメを買っても、すぐに元がとれました。
BDがリージョン1になって、さて、日米が同じ装置で再生できるようになった場合、アニメはどうなるだろうと思っていたのですが、まず日本盤に英語音声/字幕を入れてきました。

先日、大手のGENEONが、米国でのアニメDVDの販売から撤退を決定しました。
米国アニメファンの多くがファンサブで満足してしまってDVDを買わないため、売り上げが低迷していたためと言われています。
GENEONのような大手でさえ撤退するような惨状では、米国でのアニメの発売は、この"うたわれるもの"のように、日本盤に英語音声/字幕を入れたものを輸入販売する形になっていく事も十分予想できます。

"うたわれるもの"はそのテストケースとなる事でしょう。
今後のアニメBD発売が増えるためには、これが売れて欲しいとは思いますが、米国でも売れた場合には、将来どうなるでしょう。
そうなった場合には、今後は日本盤に英語音声/字幕をいれる形で、日米同時発売となるような事態も予想されます。DVDを買う一部の熱心な米国ファンは米国盤のリリースの遅さに不満を持っていたようなので、こちらの方が彼らにとっても好都合でしょう。そのような熱心なファンは日本と同様、価格が高くても買うものですから、むしろリリースが早くなる事を歓迎することでしょう。
将来的には、英語音声は無く、英語字幕のみとなる事も考えられます。それでも、米国のアニメファンは字幕版絶対主義者が多いので、字幕だけで十分とするでしょう。

そうなると、米国盤アニメBDは絶滅してしまうかもしれません。
が、金を落としてくれず、ファンサブを見ているだけのファン(と称している人)たちのために便宜を図ってやることもないと考えたとしても、企業としてそれは無理からぬことなのです。
そして、どうしても欲しい人だけ、日本版に英語字幕を入れるからそれを入手しろ、と言うわけです。
今後どうなるかは、本当のところは判りませんが、可能性の一つとして十分あるのではないか、と思うのでした。

そして、日本のアニメBDは相変わらず価格の高いままとなるのでした orz

2007年10月20日

バブル崩壊は防げるか

以下、10日ほど前に書いた文章ですが、あんまり悲観的に過ぎるかと思ったので寝かせておきました。
で、今日もこんなニュースが流れて来たので、エントリーする事にしました。まあ、戯言と思って流しておいてください。

G7:声明で世界経済減速を懸念 サブプライム問題で協調


米FRB、4兆円超す資金供給・短期金融市場
 【ワシントン=小竹洋之】米連邦準備理事会(FRB)は11日、傘下のニューヨーク連銀を通じ、3回に分けて合計355億ドル(約4兆1000 億円)の資金を短期金融市場に供給した。米同時テロ直後以来の大量資金供給となった8月10日と9月27日の380億ドルに次ぐ高水準を記録した。

サブプライムローン崩壊に端を発した信用不安に対して、FRBは金融緩和策を次々と施しています。
これで、8月以降、合計1000億ドルを超える資金供給と共に、金利引下げも行っています。

先日、メリルローンがサブプライム関連で約54億ドルの評価損を計上すると発表しましたが、サブプライム問題は、損失が大きいところほど全貌を把握し切れなくて発表できていない、と言われていますから、これからも何が出てくるかわかりません。

FRBの描いている最善のシナリオでも緩やかな景気後退、最悪のシナリオではスタグフレーションの発生でしょうか。
中国のバブルも、米国の景気が悪くなれば破裂するでしょう。
中国は外資導入と輸出を頼りにして経済成長を続けてきました。サブプライム問題で米国の景気が悪くなるとは、この二つの成長エンジンがストップしてしまうことを意味します。
こちらのバブル崩壊は、直接社会不安に結びつきそうです。
そして、社会不安は容易に政治不安に結びつきます、あの国では。

2008年は、1929年のように記憶に留められる年になるかもしれないなぁ、と漠然とした不安を抱くのでした。
posted by とのじ at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際

2007年10月12日

身近にある毒物

自殺サイトで薬物を買って自殺したなんてニュースが流れていますが、最近の睡眠導入剤は毒性が低く、一度に致死量に至るほどの量はなかなか服用できません。
睡眠導入剤はあくまで、意識をなくして楽に死ぬための手段に過ぎないのです。

しかし、致死量の毒となる物質は別に薬物だけとは限りません。
身近に簡単に入手できる物でも死ぬことは出来るのです。

例えば、ニコチン。
タバコを食べて乳児が死亡するとの事故が時々報じられますが、では乳児が死ぬには何本のタバコが必要でしょうか?
タバコにより、ニコチンの量は違いますので一概には言えませんが、多くの場合は1-2本程度です。ニコチン量はタバコの外箱に表示されていますが、あれは煙にして吸った場合のニコチン量で、タバコ自体をにはその10倍程度が含まれています(確か)。
で、ニコチンの致死量は体重1kg当たり、0.5-1mgです。昔からあるハイライトを例にとれば、これはニコチン量1.5mgと表記されていますから、1本当たり15mg程度となるでしょうか。
乳児が死ぬには十分な量です。
体重60kgの成人でも、計算上は4本食べれば死んでしまうわけです。
自殺しようと思う方は、ハイライトを1箱買って食べてしまえばいいわけです。1箱\290-ですから、とってもお得です。1箱20本食べてしまえば、まず確実に死ぬ事ができるでしょう。

例えば、塩。
塩も一気に摂取すれば、死ぬ事ができる立派な毒物です。
大人の場合には、致死量は約300gだったかな? まあ、塩1kgを買ってきて、水に溶かして一気飲みすれば、これも確実に死ねる訳です。
これは\100-程度で買えますから、タバコよりも更にお得となっております。
あるいは、醤油一升瓶の一気飲みでも死ねるかもしれません。

または、アルコール。
急性アルコール中毒で死ぬ人もいる位ですから、これも致死量はそれほど多くありません。確か、400mL程度だったでしょうか。
ウィスキーなら1L一気に飲めば、まず死ねます。
万一生き残っても、自殺なんて二度としたくないとの気分にはなれるでしょう。
もっと安くあげたいならば、薬局で特級エタノールを買っても良いかもしれません。

と、身近にあるものでも、ちょっと過剰に摂取するだけで死に至る事のできる物質は普通にあるのです。
他にも色々ありますので、興味のある方は調べてみたら如何でしょうか?

自殺サイトなんかで高い薬物を買う前に。
posted by とのじ at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2007年10月02日

小沢一郎の妄執

小沢一郎はかつて自民党幹事長として辣腕を振るった。
野党猛反対の中で、湾岸戦争での戦争資金援助130億ドルの支援を決めたのも、小沢幹事長であった。
当時は、次の首相として誰もが認めていたが、何故か裏方に徹して表舞台に出ることはなかった。多分、首相にはいつでもなれると思っていたのであろう。
しかし、小沢一郎にも逆風が吹きはじめ、小沢は時代と運に見放され、野党を転々とする事となる。チャンスの神に後ろ髪は無いとは、よく言ったものである。

そして、自民党では、小沢が幹事長だった時には小物に過ぎなかった小泉が宰相となり、5年の長きにわたり政権を維持した。
小沢は「あそこには俺がいるはずだった」と臍を噛んでいたのだろう。そして、誰もそれを理解しなかった事が、さらに彼の妄執を深めていった。

更に、小沢は、小泉後に、自分よりも10歳以上下の若造に過ぎない安倍が首相になったことに驚愕した。このまま、時計が進んでは自分はこのまま終わってしまうと焦りを感じた。

その動きを巻き戻すために、自らが代表となって民主党を率い、安倍に対し戦いを挑んだ。
結果的には、何とか安倍を引き摺り下ろすことに成功したのであるが、次に登場したのは、自分が幹事長時代だった時に初当選した福田康夫であった。
幹事長時代の自分と新人議員の福田が仲良く握手している写真が福田事務所から公開され、マスコミで広く報道されたが、小沢にとってはそれは精神的苦痛以外の何物でもなかった。
当時の新人議員にすら負け、今は一野党の代表に過ぎないことを認められるほど、小沢は器は大きくなかった。

こうして小沢は狂った。
今の小沢にあるのは、自らがつかむべきであったのに、過去に見逃してしまった宰相の座に座ることしかない。
そのためには、福田政権に、自民党に、有利となる事は一切行ってはならないのである。ただ、そう信じ込んでしまった。

そして、今日に至る。
今は、ただ宰相の座への妄執のみで動いているだけの生ける怨霊と化してしまったのである。

…南無阿弥陀仏。
posted by とのじ at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。